Smart science to improve lives™
Pharma

核酸デリバリー用GMPグレードカチオン性脂質

LNP製剤では、負電荷を帯びたRNAを内包するためにカチオン性脂質が使用されます。LNP製剤そのものにおいて主要な役割を果たすだけでなく、カチオン性脂質は標的細胞へのRNAデリバリーにおいても主要な役割を果たします。

お問い合わせはこちら

カチオン性脂質

LNPの重要な成分として、核酸デリバリーのための新しいカチオン性脂質が、RNA内包、エンドソーム膜融合、細胞質への放出を最適化するために研究されています。

カチオン性脂質は、LNPと細胞膜との融合を促進するために、適切な見かけの酸解離定数(pKa)を持つように設計されなければなりません。カチオン性脂質の見かけのpKaは、LNP表面におけるpKaと考えられます。現在、FDAが承認している治療薬に含まれるカチオン性脂質は、すべて見かけのpKaが6-7です。これは、カチオン性脂質が全身循環中(脂質のpKa以上のpH、pH〜7.5)に中性電荷を維持し、エンドソーム(pH〜6.5)で正電荷を帯び、膜融合とそれに続く細胞質への放出を促進する機能にとって極めて重要です。

Avantiのカチオン性脂質に関する最新情報はこちら


その他のGMP脂質:

ALC-0315脂質ナノ粒子構造の画像、Avanti極性脂質、croda pharma

ALC-0315

ALC-0315は、他の脂質と組み合わせて脂質ナノ粒子(LNP)を形成するために使用されるイオン化可能なカチオン性脂質です。

核酸

機能性脂質

詳しく見る
核酸

ポリソルベート

詳しく見る
核酸

ステロール

詳しく見る
核酸

リン脂質

詳しく見る
研究室にいるスティーブ・ランベローの画像

クローダからのサポート

コンセプトから商業化までのサポート

弊社は、核酸デリバリー向け脂質の合成と製剤化における長年の知見を用いてお客様と共同作業で創薬プロセスに取り組み、それらを臨床開発に向けてGMP製造環境に移行させる専門知識を有しています。そして、上市と供給をサポートする商業生産能力を持ちます。

当社のサービスには、プロセス化学、スケールアップ製造、分析および規制要件を含むサプライチェーンマネジメントが含まれます。当社の経験豊かな化学者および脂質分析者は、前臨床試験から第III相試験、商業上市まで、お客様の開発ニーズにお応えします。

 
お問い合わせ

クローダの脂質サポートサービス

緑色で描かれた2つの歯車

cGMP認定製造工場

研究開発から商業化までのCDMOプロジェクト管理。独自の脂質製品の受託製造
ピースがある緑のパズルの漫画画像

受託合成

クローダはお客様のご要望に応じて、様々な用途の研究用原料を合成いたします
処方

処方開発

脂質デリバリーシステムに適した処方開発。デリバリーや 臨床診断に使用するためのカスタム脂質を配合します