Smart science to improve lives™
検索を開く カート 0 カートを確認する
Pharma

脂質

脂質は有機的な非極性分子であり、薬物の製剤化とデリバリーのさまざまな局面で重要な役割を果たします。原薬を可溶化するための媒体として、リポソームのような脂質ベースのデリバリーシステムを構築するための成分として使用できます。脂質は、さまざまな用途や条件に合わせて調整することもできる、汎用性の高い高分子の一分類です。

お問い合わせはこちら

脂質ベースのドラッグデリバリーシステム

クローダは、幅広い種類の脂質および脂質誘導体を提供しています。さらに、Avanti Polar Lipidsの高純度かつ特殊な脂質とアジュバントの広範な製品群を加えることで、お客様が画期的な治療法を市場投入できるよう製品提供できることを誇りに思います。

Croda Pharma事業の脂質技術部門として、Avantiは主に、現在の技術や医薬品では解決できない個々の医療課題に対応するため、革新的な脂質製品の開発に注力しています。

ドラッグデリバリー研究に役立つ脂質技術

Avantiは30年以上にわたって製薬・診断業界との協力のもと、人々の生活を向上させるソリューションを提供しています。我々はリポソームベースのドラッグデリバリーシステムの開発に深く関与し、過去10年間は、mRNAベースのワクチンや治療薬に関連する安定性とデリバリーの問題を解決するため、脂質ナノ粒子(LNP)デリバリー技術に使用される脂質成分の開発に注力してきました。

LNPは核酸物質を運ぶ脂質ベースのドラッグデリバリーシステムです。これらのシステムは主に、PEG脂質、アミノ(陽イオン性)脂質、構造脂質、コレステロールの4つの脂質成分に依存しています。

陽イオン性脂質は、電荷相互作用を介して遺伝物質を捕捉するために使用されます。これは構造脂質に封入され、外側でPEG脂質が機能するようになっています。遺伝物質はRNAse活性の影響を非常に受けやすいのですが、LNPが遺伝物質を分解から守ります。LNPはまた、遺伝物質が細胞にアクセスできるようにし、いったん細胞内に入ると遊離できるようにします。 これによって、細胞機構はデリバリーされた遺伝物質を細胞反応に変換することができます。

LNPの処方研究を行う際には、サイズや形状、表面電荷、疎水性、表面の機能付与など、考慮すべき多くの重要な要素があります。Avantiは、お客様の目的に完璧に合致したドラッグデリバリーシステムを実現する多種多様な脂質を、cGMP製造によって提供しています。従来どおり、これらの脂質はAvantiの純度基準である99%の純度を満たすように製造されています。

ホワイトペーパー: 遺伝子編集療法のデリバリーのための脂質技術

ホワイトペーパー:核酸デリバリーのための革新的な脂質

脂質ベースのドラッグデリバリーについてお問合せをお待ちしております

研究室で働く人々の輪の中の画像

脂質ナノ粒子処方のためのGMP脂質を供給

化学製造工場の円形のアイコン

独占的脂質の受託製造と製剤開発

アイコン

臨床開発をサポートする分析サービス

こちらの内容はいかがでしょうか

リピッドナノ粒子断面図

核酸デリバリー研究のための革新的な脂質

この記事では、LNP の各コンポーネントに関する考慮事項と、PEG化された脂質やコレステロールなどの一般的に使用される LNP コンポーネントの新しい代替品について説明します。

クロダファーマ 脂質技術・核酸デリバリー部門責任者 Stephen Burgess PhD

遺伝子編集治療薬デリバリーのための脂質の技術

Pharma's Almanacはこのほど、クローダのStephen Burgess博士と対談し、遺伝子編集技術が研究室から臨床の段階へとどのように進んでいるかを取り上げました。

デニス クリステンソン

脂質担当リーダー:Dennis Christensen

この脂質担当リーダーのインタビューでは、Croda Pharmaのアジュバントシステム研究開発部門グローバル責任者であるDennis Christensen博士の見解をうかがいます。アジュバントと、それがワクチンで果たす役割、そしてこの技術が目指す方向性についてご説明いたします。